• ホーム
  • なぜ薄毛に海藻が良いといわれるのか?その理由

なぜ薄毛に海藻が良いといわれるのか?その理由

ひじきやわかめなどの海藻は薄毛に良いという話を聞いたことのある人もいるでしょう。これらの海藻は日本人の食事に馴染みの深いものですし、その話が本当なら美味しく食べて薄毛対策ができることになります。

実際にはひじきやわかめなどの海藻に髪の生成といった効果はありません。しかし、髪の毛に良い栄養素が含まれていることは確かです。この栄養素が直接薄毛に作用して薄毛を改善するわけではありませんが、どのような効果が期待できるのか知っておくと良いでしょう。

薄毛の主な原因はヘアサイクルの乱れだと言われています。ヘアサイクルとは髪の毛の生え変わり周期のことであり、これが乱れると成長期が短くなってしまいます。普段あまり意識しないかもしれませんが、髪の毛というのは毎日成長して生まれ変わっています。本来なら成長を続けるはずの髪の毛が抜け落ちることにより、ボリュームが不足して薄毛になってしまうということです。

髪の主成分であるタンパク質は数種類のアミノ酸によって構成されています。その中で最も重要なのはシスチンというアミノ酸であり、このシスチンが多く含まれているのは肉や魚、チーズといった食品です。これらは髪の毛の健康に欠かせない食品ですが、食べ過ぎると皮脂の過剰分泌に繋がることもあるので注意しましょう。

薄毛を改善するためには髪の主成分であるタンパク質だけでなく、ヨードやビタミン類なども必要となります。ヨードやビタミン類には髪の生成をサポートするという働きがあります。海藻にはヨードやビタミン類が豊富に含まれているため、海藻を食べると薄毛が改善すると言われています。

さらに、ひじきやわかめには皮膚の代謝を促す作用や細胞分裂を促す作用、血行を促進するといった作用もあります。髪の毛の成長に欠かせない栄養素が含まれているため、髪の毛に良い食品であることは確かです。しかし、薄毛の原因であるヘアサイクルの乱れに働きかけるような効果はありませんし、直接的な効果はないと言えるでしょう。

海藻が薄毛の改善に役立つことは確かですが、それだけ食べていれば薄毛が改善するというわけではありません。食べれば食べるだけ髪の毛が増えるということはなく、過剰摂取で栄養バランスが乱れることにより、逆に薄毛が進行してしまうことも考えられます。

食品に含まれる栄養素は一つだけで効果を発揮するのではなく、いろいろな栄養素が互いに作用し合うことで効果を発揮するものです。そのため特定の栄養素だけを摂取してもあまり意味がないと知っておきましょう。効率よく薄毛を改善したいという場合、タンパク質とミネラル、ビタミンを中心にバランスの取れた食事を心がけることが大切です。

ちなみに、海藻に含まれるヨードは甲状腺ホルモンの主要成分であり、生命維持に欠かせないものとなっています。ひじきやわかめは健康食品というイメージがあるかもしれませんが、過剰摂取すると甲状腺がんのリスクを高めるという報告もあるので注意しましょう。