• ホーム
  • プロペシアのジェネリック医薬品でもっと手軽にAGA治療をしよう

プロペシアのジェネリック医薬品でもっと手軽にAGA治療をしよう

鏡を見て髪を気にする男性

手軽にAGA治療をしたいという場合、プロペシアのジェネリック医薬品を使ってみるのがおすすめです。プロペシアのジェネリック医薬品にはフィンペシアやフィナロといったものがあるため、その特徴をチェックしておきましょう。

フィンペシアやフィナロの有効成分はプロペシアと同じフィナステリドです。成分の含有量自体もプロペシアと変わりませんし、ほとんど同じ効果が期待できるでしょう。効率よくAGA治療ができるだけなく、安価であるというメリットが挙げられます。

フィンペシアやフィナロは抜け毛を減らして頭髪のボリュームを増やすという効果があります。しかし、これらの薬が効果を発揮する薄毛の症状はAGAのみであり、他の病気が原因で薄毛になっている場合は効果が得られないので注意しましょう。

なぜAGAに有効なのかということですが、有効成分であるフィナステリドがDHTという男性ホルモンの産生を抑制するためです。そうすることでヘアサイクルを正常に整えることができますし、AGAの改善に繋がります。

2型5-α還元酵素と呼ばれる酵素の働きを阻害することで、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制し、結果として脱毛を防止します。

引用元:【公式】フィンペシア1mg(150錠単位)|あんしん通販マート

プロペシアのジェネリック医薬品を安価に購入したい場合、個人輸入を利用するのがおすすめです。個人輸入と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、専門のサイトを利用すれば一般的な通販サイトと同じように購入することができます。病院で処方するよりも安価に購入することができますし、わざわざ病院を受診する時間や手間がかからないといったメリットがあります。

AGA治療薬を病院で処方してもらうためには診察費などの費用もかかりますし、薬代もかなり高額になってしまいます。治療には時間がかかるため、できるだけ費用を安く抑えたいものでしょう。個人輸入代行サイトは通常の通販サイトに比べると配達に時間はかかりますが、しっかり商品が届くようになっています。中には悪質な個人輸入代行サイトなどもあるため、騙されないように注意が必要です。口コミなどで評判を確認し、信頼できる個人輸入代行サイトを利用しましょう。

フィンペシアやフィナロは重篤な副作用が起こりにくいとされていますが、軽い症状なら発生することがあります。服用した時はどのような変化があるのかよく観察しておきましょう。心配な場合はドクターに相談してみるのがおすすめです。

主な副作用としては、肝障害や生殖機能の低下などがあります。これらの薬には男性ホルモンであるDHTを減少させる作用があるため、生殖機能の低下は比較的起こりやすいとされています。場合によっては勃起不全になってしまうことがあるため、AGA治療と並行して治療を行った方が良いでしょう。他にも倦怠感や食欲不振、吐き気、発熱、痒みといった副作用が起こることがあります。

フィンペシアもフィナロもフィナステリドを有効成分にしているという点は同じです。この2つの最も大きな違いは製薬会社が違うということであり、それ以外の部分はほとんど変わりません。フィンペシアの方が有名な製薬会社によって作られていますが、大きな違いではないでしょう。