• ホーム
  • 育毛マッサージで頭皮の新陳代謝を促進させて薄毛を予防!

育毛マッサージで頭皮の新陳代謝を促進させて薄毛を予防!

薄毛を予防したいという場合、育毛マッサージを行うのがおすすめです。頭全体に育毛マッサージを行うことにより、血行促進や新陳代謝を高める効果がありますし、効率よく薄毛を予防する効果が期待できます。育毛マッサージの正しい方法をチェックしておきましょう。

薄毛の原因の一つに頭皮の血行障害があります。血液の流れ悪くなることにより、頭皮に必要な栄養素が毛根まで届かなくなりますし、抜け毛が起こってしまうということです。育毛マッサージを行うことで血行促進効果が期待できますし、頭皮の新陳代謝を高めることもできます。また、精神をリラックスさせることにより、ストレス解消効果も期待できます。ストレスを全く感じずに生活することは難しいですが、ストレスも薄毛の原因になるため、リラックスすることはとても大切です。

育毛マッサージには3つの方法があると知っておきましょう。円を描くように揉む方法と軽く叩く方法、指先に力を入れて刺激する圧迫法という3つの種類です。このような動きを取り入れながらマッサージを行っていきますが、圧迫法ではツボを刺激しながら行うのがおすすめです。そうすることでさらに効果がアップするでしょう。

育毛マッサージではまず、小さい円を描くように頭全体を押しながら揉み解していきます。この時は指の腹で頭皮を押さえつけるように揉んでいきますが、頭皮を動かすようなイメージでマッサージすることがポイントです。

圧迫法では頭全体をリズミカルに刺激します。頭の両サイドと襟足から頭頂部に向け、指先で頭皮を軽く叩いていきましょう。そして、両手の親指でゆっくりと頭皮のツボを刺激します。強く刺激するのではなく、深呼吸をするようにゆっくりと刺激することが大切です。額中央から後頭部に向かって刺激をしたら両サイドを前から後ろに刺激しましょう。最後に耳の上から顎に向かって優しく押していきます。

育毛マッサージは一回五分程度行うのが良く、行う回数は1日に2~3回が良いでしょう。マッサージの時に爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので注意が必要です。頭皮はとてもデリケートですし、ちょっとしたことでダメージを受けてしまいます。頭皮への負担が薄毛や抜け毛の原因になってしまうこともあるため、育毛マッサージはできるだけ丁寧に行うことが大切です。頭皮を優しくケアしたいという場合、ブラシではなく指の腹や掌を使い、力を入れすぎないように注意しましょう。

かつては専用の器具を使って頭皮を叩くというマッサージが流行したこともあります。しかし、人によっては力が強すぎたため、頭皮の炎症などのトラブルが発生してしまったということもありました。そのため育毛マッサージの時に使うのはブラシではなく、自身の指にした方が安心です。また、長時間行う必要はありませんが、一回五分のケアを毎日きちんと続けることが大切です。長く続けることで少しずつ効果を実感できるでしょう。