• ホーム
  • 育毛メソセラピーとはどんな治療法なのか?

育毛メソセラピーとはどんな治療法なのか?

育毛メソセラピーは比較的新しい薄毛治療の一つであり、有効成分を頭皮に直接注入するという方法です。育毛メソセラピーのメリットとしては、早い段階で効果が出るということや薬を服用できない場合でも薄毛治療ができるといったことが挙げられます。

育毛メソセラピーには投薬治療の作用を補助する役割があるため、はっきりとした変化が出るまでの時間を短縮することができます。比較的新しい治療法ですが、投薬治療と育毛メソセラピーを併用することにより、投薬のみで治療した場合よりも高い効果が出ることが分かっています。そのため早い段階で薄毛を改善したい人におすすめです。

この治療は有効成分を頭皮に直接注入するので毛根にしっかり作用しますし、毛を作り出す働き自体を強化できることが特徴です。特に薬液に配合されている成長因子は発毛機能そのものにアプローチすることができますし、さまざまなタイプの薄毛に効果を発揮するでしょう。

また、注入治療は他の治療と比べて副作用が起こりにくいこともポイントです。薬液に含まれる成長因子や栄養素は体に悪影響を及ぼすこともありませんし、一時的な赤みや腫れ以外で副作用が起こることはないでしょう。赤みや腫れなどは薬液を注入する際に発生することがありますが、すぐに治まるので心配ありません。症状が長引く場合は早めにドクターに相談しましょう。この治療ができないような病気などはありませんし、女性でも施術を受けることができます。

育毛メソセラピーの治療方法はクリニックによって異なります。主な方法として、パピューレ法やダーマローラー法、ノーニードル法、フラクショナルレーザー法などが挙げられます。痛みや値段などの特徴をチェックしておきましょう。

パピューレ法は注射器を使う一般的な方法です。多少の痛みはありますが、比較的値段が安いことが特徴です。ダーマローラー法は針のついた医療用ローラーを使用する方法です。痛みは少ないですが、有効成分は浸透しにくいとされています。

ノーニードル法は微弱な電流で毛穴を開いて浸透させる方法です。痛みが少ないですが、施術時間は長くなります。フラクショナルレーザー法はレーザーを利用した方法です。こちらも痛みが少ないですし、短時間で施術が完了するというメリットもあります。しかし、費用については高額になってしまうと知っておきましょう。

育毛メソセラピーの治療は1回で完了するわけではありません。複数回の施術を行った方が効果が出やすくなるため、半年~1年程度かかると覚えておきましょう。一般的には6~16回程度の施術を行うことが多く、その場合は12~80万円が相場となります。

育毛メソセラピーは保険が適用されないため、クリニックによって費用が大きく異なります。使用する薬液の原価や人件費などもクリニックごとに異なりますし、安いところと高いところではかなりの差が出ます。施術時間は注入方法によって変わってきますが、だいたい30分程度で完了します。