• ホーム
  • AGA治療にプロペシアが選ばれる理由!

AGA治療にプロペシアが選ばれる理由!

髪が薄い男性

フィナステリドを有効成分としたプロペシアは、AGA治療で使用されている内服薬です。抜け毛の原因となるDHTの産生を抑える効果があるため、世界中で使用されているということです。このDHTはヘアサイクルの中の成長期だけを短くしてしまうというホルモンです。

プロペシアによってDHTの産生を抑えることにより、髪の毛の寿命が延びます。結果として抜け毛の量が減りますし、増毛効果が得られるでしょう。この薬は中高年に起こる壮年性のAGAだけでなく、若い男性に起こる若年性のAGAの治療でも使われています。

プロメシアの薄毛への効果は臨床試験で認められており、毎日服用を続けることでほとんどの患者が薄毛への効果を実感しています。AGAが改善されるまでにかかってくる期間は6ヶ月程度です。効果は飲んですぐに分かりますが、確実にAGAを改善するまでにはある程度の時間がかかると知っておきましょう。

プロペシアでAGA治療をしたいなら継続服用がポイントです。3ヶ月程度継続服用することにより、抜け毛の減少や産毛が生えてくるといった効果が出てきます。服用して6ヶ月経過してから生えてきた髪の毛は依然寄りも寿命が長く抜けにくいという特徴があります。

プロペシアは薄毛の進行を止めるための内服薬ですが、継続服用することで薄毛の改善にも役立ちます。この薬を継続服用した場合、1年間で58%の患者の増毛効果があったという結果が出ているため、長く服用することが大切です。長く使用することでさらに効果がアップします。

プロペシアを服用しても効果が期待できないという場合、ミノキシジルと併用するのがおすすめです。ミノキシジルは血管を拡張させ、血流を良くするという作用があります。服用することで頭皮の血管も広がりますし、血流が改善されるでしょう。血行が悪いと感じている人はプロペシアとミノキシジルと併用すると良いでしょう。

プロペシアを処方してもらう時には費用が気になるという人もいるかもしれません。病気の治療なら保険が適用されますが、AGA治療は自由診療になるので費用は全額自己負担となります。薬の費用相場は15000?17000円となっており、さらに診察料などもかかってきます。また、高いクリニックでは40000円以上かかってしまうこともあるため、経済面の負担が気になるかもしれません。

プロペシアの費用はクリニックごとに異なりますが、ほとんどのクリニックでは無料カウンセリングを行っています。そのため費用が心配な場合はカウンセリングを受け、その時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

プロペシアは副作用が起こりにくいAGA治療薬ですが、全く副作用が発生しないというわけではありません。主に性欲減退や勃起不全、射精障害といった男性機能の低下に関わる副作用が報告されています。これらの症状は有効成分であるフィナステリドの働きにより、男性ホルモンの分泌量が減少するためだと考えられています。